Category Archives: うんちく

中野区役所の役人に殺された桜の木々

中野通りの下田橋と片山橋の両端から見える桜は圧巻だったのですが。今年は中野区役所のバカ役人が原型を止めないほどに伐採しました。

枝ならともかく幹からバッサリ 税金返せ

Advertisements

ブラック企業 エアアジア ジャパン 嘘で嘘を塗り固める

給料泥棒のインチキ詐欺の3人衆

井手隆司

有森正和

秦修

会社を倒産させるのは得意技の3人 会社経営の経験はゼロ 

詐欺師3人は株主への虚偽報告を繰り返して背任行為

中部空港(セントレア)を拠点に就航準備を進めるエアアジア・ジャパン(DJ)は1月30日、今年初めの就航を目指していた中部-札幌線と、今春予定の中部-台北線について、就航を延期すると発表した。新たな就航時期は未定としている。
就航延期の発表は、今回で4回目。エアアジア・ジャパンは延期理由について、安全運航する体制の構築に向けた準備スケジュールの見直しによるものとしている。

エアアジア・ジャパンは2014年7月、楽天(4755)などと共に日本市場への再参入を表明。中部を拠点に、2015年夏から秋にかけての就航を目指していた。エアバスA320の初号機(登録番号JA01DJ)は、2015年10月16日に中部へ到着した。

その後、路線計画の見直しで2016年4月に延期したが、運航体制が整わないことや、2015年12月の経営陣交代などにより2016年夏に再延期。スカイマーク(SKY/BC)前会長の井手隆司会長と、同じくスカイマーク前社長の有森正和CFO(最高財務責任者)を中心とする新経営陣に移行後も、安全管理体制の構築などに時間がかかり、就航時に必要な2号機(JA02DJ)の受け入れを3カ月延期し、2016年5月の受領後は同年10月就航を視野に入れていた。

エアアジア・グループのトニー・フェルナンデスCEO(最高経営責任者)は2016年7月、Aviation Wireに対し、2017年1月までに就航するとの見通しを明らかにした。その後、エアアジア・ジャパンが当初計画していた3路線のうち中部-仙台線の就航を中止し、残り2路線は中部-札幌線を2017年初め、中部-台北線を2017年春に開設すると発表していた。

エアアジア・ジャパンによると、飛行訓練は2機のA320を使い、現在も実施しているという。航空券の販売は開始していない。

エアアジア ジャパン 小学生以下のママゴトごっこ経営者

井出と有森のスカイマーク倒産犯の屑に吸い尽くされて、飛ばず鳴かずで倒産。

井手と秦の小学生以下のママゴト経営と無能ぶりにお手上げ。労働基準法と航空法などの重大なコンプライアンス違反だらけ。

数字が読めないスカイマーク倒産に追い込んだ有森がCFO? 嘘の数字を並べ立てて倒産に加担。

【ブラック企業大賞2016】電通が大賞「何人もの労働者がこの企業に殺された」真のブラック企業はアマゾン ジャパン

真のブラック企業は

アマゾン ジャパン

エア アジア ジャパン

KDDI

パワハラや残業代未払いなどの法令違反での労働を従業員に強いている企業を選ぶ「ブラック企業大賞2016」の授賞式が12月23日、東京都内で開かれ、電通が大賞に選ばれた。「過酷で人権侵害的な労働環境をまともに改善することもなく放置し続けた」ことなどが受賞の理由だった。授賞式では、2015年12月25日に24歳の新入社員・高橋まつりさんが長時間労働の末に自殺したことや、1991年と2013年にも社員が過労自殺・過労死したことなどが紹介され、「何人もの労働者がこの企業によって殺された。電通は日本を代表する大企業である。それは輝かしい意味ではない。社会的に決して許されない人権侵害を続けた代表的企業である」などと、賞状が読み上げられた。

■2016年は11企業がノミネート

ブラック企業大賞は、日常的に労働相談に取り組んでいる弁護士や市民団体、ジャーナリストなどでつくられた実行委員会によって実施されている。

実行委ではブラック企業の定義について「労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を意図的・恣意的に従業員に強いている企業」「パワハラなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人」と決めている。そのうち、裁判や行政処分などで問題があると明らかになった企業をノミネート。2016年は以下の11社がノミネートされていた。

株式会社エイジス(棚卸し代行業者)

株式会社電通(広告代理店)

株式会社ドン・キホーテ(ディスカウントストア)

株式会社プリントパック(印刷サービス)

関西電力株式会社(電力)

佐川急便株式会社(運送)

サトレストランシステムズ株式会社(「和食さと」など飲食店)

宗教法人・仁和寺(京都市の真言宗御室派の総本山寺院)

ディスグランデ介護株式会社(デイサービス「茶話本舗」FC企業)

日本郵便株式会社(郵便事業)

DWE JAPAN株式会社(しゃぶしゃぶ温野菜)

今回は大賞のほか、「WEB投票賞」がネット投票で5958票、会場で9票を獲得した日本郵便に送られた。日本郵便へのネット投票数は他の企業の約2倍に上り、同社は「特別賞」にも選ばれた。

「業界賞」はプリントパックとデイサービス「茶話本舗」を運営するディスグランデ介護株式会社が受賞。また、「ブラックバイト賞」は急遽ノミネートされた「しゃぶしゃぶ温野菜」を運営するDWE JAPANが選ばれた。

発表は今年で5回目。2015年は「セブン-イレブン・ジャパン」、2014年は「ヤマダ電機」、2013年は「ワタミフードサービス」、2012年には「東京電力」が大賞に選出されている。

【成宮寛貴直筆コメント全文】「今すぐ芸能界から消えてなくなりたい」

人を追い込むとは新潮社も大丈夫なんでしょうか? 病んでいるのは新潮社

————————–

違法薬物を使用した疑いがあると報じられた俳優の成宮寛貴(34)が芸能界を引退することが9日、所属事務所「トップコート」から発表された。

成宮の直筆コメント全文は以下の通り。

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。

今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴